釣り情報

淡水での魚釣りの初めの知識「湖沼釣り」

魚釣りの中でも、知識もあまり必要なく始められる、そんな釣りの方法が湖沼釣りです。基本的に「ルアー」と言われる疑似餌を使って釣ります。湖沼釣りでは「ブラックバス」「ブルーギル」「コイ」「フナ」など、食べるために釣るのではなく、釣る事自体を楽しむ事が多い釣り方です。釣った魚はリリースし、また投げて釣った魚の大きさを競ったりもします。上記でご紹介した魚の中には外来種の魚も多く、日本ではもともとはいない魚でもあるのですが、今では全国どこでもいる魚となっているので、海のない地域でも湖沼を見つけたら気軽に初めて見てもいいかもしれません。ブルーギルなどの魚であれば、ソーセージなどを針に付け、竿を使わず糸を手に持って湖沼に沈めるだけでも釣れる場所もあるようです。湖沼は人が通る事も少ない場所が多いので、転落だけは注意しましょう。

淡水での魚釣りの初めの知識「川釣り」

魚釣りの知識の川釣りですが、こちらも初心者にも始めやすい釣りの場所です。「五目釣り」と言われる目的とした魚を決めずに釣る方法が初心者には最適で、釣り竿の仕掛けなども簡単な物で始める事も出来ます。釣れる魚は「コイ」「フナ」「アユ」「イワナ」などの魚が釣れ、食べれる魚も釣れるのも期待のできる釣り場です。釣り餌に関しては、「ルアー」「生餌」「死餌」でもオールマイティーに好みで選ぶことができます。子供と一緒に楽しんだりカップルでも身近な川で釣りが楽しめて初心者でも楽しめる釣り方です。

淡水での魚釣りの初めの知識「渓流釣り」

淡水の魚釣りで知識も経験も必要になる、ベテラン向きの釣りの場所が「渓流釣り」です。渓流釣りでは大自然の山の中を流れる、きれいな水の流れる場所の釣り場で、人間を見慣れない野生の魚たちが多く、警戒心も強いので難しい釣りの一つと言われています。「イワナ」「ヤマメ」「アマゴ」などの魚が釣れる事が多く、特にイワナなどになれば、源流と言われる場所などの山の頂上付近の渓流に住む魚などもいます。基本的に生きた昆虫が水面に落ちてきた時に食べて生きているので、「毛バリ」と言われる小さな羽虫に見せた疑似餌を、いかに生きている様に見せるのかが難しいようです。他にも実際の昆虫を使って釣る「餌釣り」もありますが、こちらも難しく、上級者や釣りのベテランの方でも釣れないことも多々あるようです。まずは初心者の方は「湖沼釣り」から始め、徐々に上流に向かってステップアップしていくのがいいかもしれません。