釣り情報

魚釣りを始める前に知っておくべき知識

魚釣りを始める前に知っておきたい知識として、魚釣り心得であるマナーについて知識を深めていくことにしましょう。魚釣りの知識は、釣り師個人での知識であれば知らなくてもこれから知っていけますし、最悪知らなくても他人に迷惑になる様な事はありません。しかし、釣りのマナーに関する知識であればまた話は変わってくるでしょう。そんな釣りのマナーに関する知識をご紹介していきます。

魚釣りの知識|マナー知る

魚釣りに初めに知っておくマナーの知識は、常識ですが「ゴミの持ち帰り」のマナーです。魚釣りでは、針・糸・餌のパック・ビニール袋・折れた竿など、状況によって必ずゴミが出ます。そのゴミを持ち帰らないマナーのなっていない釣り師が、他人の釣り糸に絡まってしまい仕掛けをダメにしてしまったり、生き物に影響を与えたりと被害が甚大になっていきます。魚釣りの時には必ずゴミを持って帰るようにしましょう。

次に魚釣りのマナーの知識は「挨拶」についてです。挨拶は釣り人の間でも「同じ場所で釣らせてもらいます」という意味も込めて、引っ越しの時の様に近隣で釣っている方への挨拶は大事なことなのです。粗品などは上げる必要はありません。しっかり「こんにちは!」と挨拶するのは魚釣りの知識でも大事な事です。大きな声で話したり、騒ぐことは

次に魚釣りのマナーの知識は「騒がない」ことですが、これも常識と言えるマナーの一つです。魚釣りでは、どうしても生き物相手のスポーツなので、大きな声や音は魚を逃がしてしまうでしょう。周囲の釣り師への迷惑行為はトラブルにもなりかねないので、注意しましょう。

次に魚釣りのマナーの知識は「邪魔になる行為」です。同じ防波堤などで釣りをしていれば、近くで釣っている人と投げ込む場所が一緒になってしまった!という事もあるでしょう。しかし、隣の人があのポイントで釣りまくっているからと言って、同じ場所に投げ込む行為は邪魔でしかありません。そのようなマナー違反はやめましょう。

魚釣りの知識マナーまとめ

魚釣りに知識として必要なマナーをご紹介してきましたが、どれも常識と言えるマナーばかりです。しかし、現実にこのような釣り師もいるのです。もう一度釣り場で周囲を見渡し、しっかりとマナーについての知識を再認識することにしていきましょう。