釣り情報

海での魚釣りの初めの知識「さびき釣り」

海で魚釣りを始める方にお勧めなのが、「サビキ釣り」という釣り方です。サビキ釣りとは、一本の糸に複数のエビの形に似せた釣り針が付いており、糸の先端や釣り針の上部などに付いた「かご」に小さなエビを詰めて魚をおびきよせ、釣り針に誤って食いついた魚を釣り上げるという釣り方です。釣りの知識もない子供でも簡単に釣る事も出来ますし、場所を問わず目に見えて釣りを楽しめるので人気な釣りの方法です。サビキ釣りの醍醐味として、複数の針に複数の魚が一気にかかることもあるんです。ゆっくり浮かせたり・沈めたりして釣るので、海の底に釣り針がからむ事もなく、知識のない家族やカップルでも「ゴカイ」「生餌」などのグロテスクな餌を使うこともないので、女性・子供でも始めやすいのではないでしょうか。

海での魚釣りの初めの知識「ルアー釣り」

海の知識のない初心者でもはじめ易い釣りの方法をご紹介しましたが、次にオススメなのが、「ルアー(疑似餌)」を使った釣りの方法です。疑似餌とは、小魚やワーム(ミミズの様な虫)エビなどに似せてゴムやプラスチックなどで作られ、先端や下部・頭部・ルアー全体にあたる部分に釣り針がついており、こちらも生餌などを使わずに楽しむ釣りの一つです。イカやスズキ・メバルなど、サビキ釣りよりも大きめの魚を狙って使われる事が多いようです。その反面、浅い海や防波堤などの、深さが浅い場所での釣りでは、「根掛り」と言われる、海底の海藻や岩などに引っかかってしまい、糸が切れてしまうケースもあるので注意が必要です。イカなどのルアーには全体が針でおおわれているので、怪我にも注意しましょう。

海での魚釣りの初めの知識「沖釣り」

海の魚釣りと言えば「沖釣り」と言われる、船に乗って海の沖の方で釣る釣りの種類です。釣り番組などで見るほとんどの釣りは沖釣りが多いのではないでしょうか?沖釣りでは普段は見られない大物の魚から、時にはサメ科の魚なども釣れる事もあります。漁船でそのまま調理して素材の味を楽しめたりも出来るようです。しかし、波が高いと船酔いや、海から転落する危険もあるので、子供や家族で釣りをするには少し厳しいかもしれません。初心者の方でも、漁船の方が教えてくれるところもありますので、都会から離れて違う世界で楽しんでみるのもいいかもしれません。